ETC 旅行

それでも父はクレジットカード機能なしのETCカードを選びました

実家の父が退職したことをきっかけに、母を連れてよくドライブに出かけるようになりました。毎週のように高速に乗って出かけているため、ETCを付けたらどうかと提案しました。すると父も、毎回料金所前の渋滞がイライラしていたこともあり、すぐにこの提案を受け入れてくれました。

 

ETCなら、料金所での手間も省けますし、料金ゲートをスムーズに通過することができます。また、様々な割引サービスもあるため、お得な面もあります。

 

ただ、父が少し不安に思っていたのはETCカードのことでした。ほとんどのETCカードはクレジットカード付きのものとなっています。父は、クレジットカードを作りたくない派であるため、できればクレジット機能が付いていないETCカードがいいとの希望でした。

 

そこで、ネットで調べてみたところ、クレジット機能なしのETCパーソナルカードというものがありました。これは、デポジット(保証金)式のETCカードで、決められた保証金を予め預けておく必要があるそうです。この保証金は、解約した際に戻ってくるとのことなので安心です。料金の支払いは銀行口座から引き落としになるそうです。ただ、このETCパーソナルカードは年会費1200円がかかります。また、何かと制約もあるそうなので、クレジット付きの方がお得であることが多いようです。

 

こういったメリットデメリットを父に告げたところ、それでもクレジット機能が付いていない方がいいとのことだったので、このETCパーソナルカードを選ぶことになりました。

 

ETCを付けてからは、かなり快適なドライブが楽しめるようになったそうです。初めてETCレーンを通る時には、ゲートのバーが上がらないのではないかといった不安があったそうですが、今ではすっかり慣れたようです。もちろん、料金ゲートを通過する際には、万が一バーが上がらないことがあってもすぐ止まれるようなスピードまで落として、安全運転を心がけているそうです。平日はETC割引でお得なので、平日を中心に出かけているとのことです。