ETCカードの失敗談とプリペイドカード

ETCカードはクレジット機能なしに限ると思います。

ETCカードは、高速道路ではかかせない存在になってきたものかと思います。80パーセント以上の方が利用しているそうです。
自動通行システムのおかげで、料金所で渋滞にもなりにくくなりますし、たしかに便利な点も多いかと思います。

 

そんなETCカードは、なんでクレジット機能なしのプリペイドカードタイプのものがないんだろう?なんて疑問に思ったりもしませんか。
その答えとしては、クレジットカードの付属として発行されるものになるので、プリペイドカードにはできないそうです。
いまのETCカードはクレジットカードとしては使えないみたいですしクレジット機能なしのプリペイドカードを作ってもいいとは思うんですが。

 

どこの会社でも、使えばポイントがついたり、入会特典があるみたいですけど、どうせなら使った金額が、自分で入金した方がどのくらい使ってるかわかりやすくなりますし、クレジット機能なしのETCプリペイドカードも作ってほしいですよね。

 

そこでプリペイドカードではなかったことからの失敗談なのですが、クレジットカードの上限金額に達すると使えなくなります。当たり前のことなのですが、利用上限を低めに設定しているとあまり遠くまで行くと上限に引っかかってしまいます。

 

調べてみると1割程度のオーバーなら大丈夫だったみたいで、その時は使えたんですが、正直肝が冷えました。

 

クレジット機能なしのプリペイドカードなら、その度に入金して、さらにいくら入っているか確認できるような機械を、サービスエリアなどに設置してもらえたらきっともっと便利になるのに。こんなことにはならなかったのに。と無理だとは思いつつ思いました。

 

いつかクレジット機能なしのETCカードができたらいいと少しだけ夢見てます。

 

と思っていたらすでにあるようなので今度もう少し調べてみます。